賃貸物件の間取りを選ぶ目安

初めて賃貸物件を借りる人は、20平米、40平米といった広さがどれくらいなのか、なかなか想像がつかないことと思います。そもそも住むにあたってどれくらいの広さがあれば良いのかさえも分からないことが多いでしょう。見学に行った時は家具も何もありませんので広く見えるものですが、実際に生活してみると狭く感じたりします。 選ぶべき間取り、広さは住む人の人数によって大体決まります。単身者であれば、ワンルームか1K、1DKくらいが良いでしょう。賃貸物件は広くなるほど家賃が高くなります。欲を言えばキリがありませんので、2部屋以上は望まないほうが良いでしょう。ワンルームでも広さはいろいろです。14平米程度の物件もあれば、20平米以上あるものもあります。身軽な荷物であれば、16~18平米程度で充分に暮らせます。 大人2人なら、2部屋ほしいところです。2DKもしくは2LDKが適しているでしょう。30~40平米程度が主流の間取りです。子供を含めて3人以上なら、3DK以上が理想です。ファミリータイプで人気があるのは3LDKですので、それくらいが住みやすい間取りと考えられているのでしょう。これくらいの間取りになると、専有面積もいろいろです。45平米程度の物件もあれば、70平米以上の物件もあります。 広さ、間取りだけでなく、収納等にも注目しましょう。

3087

賃貸物件の契約の流れ

不動産の賃貸物件には、そのニーズによって様々なものがありますが、広く知られているものとしてはマンションやアパートなどの居住に伴う物件があります。 ここでの賃貸物件を借りる場合には、流れにそった手続きを行う必要があり、まず、不動産情報などで物件を探し、下見をして決定した場合には、入居申込書に記載をすることになります。申込書は本人の情報の他に、連帯保証人に関しての内容も記載をする必要があり、保証人になってくれる人には事前に連絡を入れておく必要があります。 申込を行う場合には、入居申込書の他に印鑑や源泉徴収票などの収入を証明できるものが必要となる場合があり、他にも不動産会社によっては必要となる書類があるために確認が必要となります。また、申込では貸主に入居の意思を伝え、物件の確保をしておくための申込金が必要となる場合があり、どの位の金額が必要となるかについても事前に確認をしておくことが必要になります。 通常、マンションなどの賃貸物件の場合には、申込をした後に入居審査を受けることになります。ここでは、申込者本人が家賃を払い続けていくことができるのかどうかなどについて審査が行われ、提出された書類をもとに審査機関や貸主によって判断が行われることになります。審査が通った場合には、正式な契約を行うことになり、担当者からの重要事項説明が行われたのちに、署名捺印を行い手続きの完了となります。

Copyright ©All rights reserved.賃貸物件の間取りを選ぶ目安.